Monday, April 20, 2009

HEY YOU. YEAH YOU. FUCK FOREVER.



ロック小僧だったんですよ、まじで。
郊外の凡庸な中学に通う中産階級のガキには充分刺激的だったわけですよ、まじで。
これがなければ今こうして英語なんて喋れるようにならなかったわけですよ、まじで。
ある意味、ジャズもテクノもヒップホップも、俺はこれがなきゃ繋がらなかったんですよ。
これがなきゃ、僕の世界はいつまでたってもせいぜい半径500mほどのちっぽけな世界だったわけですよ。
これがなけりゃ、世界にヒトが60億人もいるってことさえ、知らなかったわけですよ。自分もやがて死ぬってことさえ、分からなかったわけですよ。一人で生きることがどんなに大変かっていう事さえも、知り得なかったわけですよ。ヒトと何かを共有して楽しむ楽しさも、ヒトを疎む気持ちも愛しむ気持ちさえも知り得なかったわけですよ。

MTVの住人だとか、そんなことはあっちの世界。俺はこっちにいて、だから重要なのは、この耳にどう届くか。だったら、誰がどう言おうと彼らが実際どうであろうと僕には何の関係なかったわけですよ。だからセルアウトだなんだって、メジャーだからとかほざいてるやつは、ぶっ殺してやるぜ。その歌詞も聴こえず、理解しようともしないでほざく雑魚は全員ぶっ殺してやるぜ。Some said shit, to me, is TOTAL FUCKIN BULLSHIT. KNOW YOuR ENEMY!

3 comments:

隼人 said...

だな。

takashi.t said...

あーそれいい感Z
わかるよー編んだスタンドだよ〜
undergroundもmajorもカンケイないって事。

kazuya H. said...

だろ?